「よーお、パパパン、パパパン、パパパン、パン。よーお、パパパン、パパパン、パパパン、パン。よーお、パパパン、パパパン、パパパン、パン」
このように3回繰り返すのが、皆さんおなじみの正しい「三本締め」です。

この締めの意味をご存じですか?手を打つ回数に秘密があります。

ホワイトボードマーカーって「書けない、出ない」で腹が立つことって結構ありませんか? 使った先輩や上司から「おい、しっかりとチェックしておけ!」って怒られた経験は、この記事を読んでいる読者の方にも多くいらっしゃるのではないでしょうか?

chiebukuro2-1.jpg

今宵はIT時代。パソコン環境が必須の時代となりましたね。
パソコンは移動時でも持ち歩ける軽量のものが一般的になりました。
そういえば、皆さんは移動時の「マウス」って鞄にどのように収納していますか?
思い浮かべると......
コードを絡んだ状態で入れたり、二つ折にして結んだり、なかにはマウス巾着を作って収納する貴重面な人も見受けられます。

chiebukuro3-1.jpg


今回は絶対かさばらない上に、
鞄から出した時も綺麗な状態で取り出せる画期的な整頓術をご紹介します!

スーパーのビニール袋。結構、会社内で活用したりするんですよね。
さて、今回は会社でも家でも活用できるスーパーのビニール袋のすっきり整理術についてお話しいたします。

chiebukuro5-1.jpg

まず質問です。
皆さんはこのビニール袋、どのように収納していますか?
「一回転させて結ぶ」のが一般的ではないでしょうか?手軽で簡単ですよね。

しかしその方法では、収納しておいたはずがいつの間にかビニール袋がかさばって、オフィスや炊事場で場所をとってしまった...、というような経験が多いのではないでしょうか。
今回は「スッキリ、綺麗に」をテーマにビニール袋のネクテク整理術をお伝えします。

chiebukuro8-1.jpg

ホワイトボード。
会議時の討論内容や目標設定時の表を作成したりと、会社には必須のアイテムとなります。
ホワイトボードに表を作成する時など、手で引こうとすると、どうしても歪んでしまうのが現状です。

今回は、「今までラインを引く時にどうしても歪んでしまう」という悩みを一挙に解決できる、画期的な事務用品をご紹介します。

末広がりの五本締め。以前、一本締め、三本締め、一丁締めについてご紹介させていただきましたが、今回は、新年会に向けて、ビジネスシーンで役立つ締めネタをお届けします。

シンプルに言うと指の本数を一本から、二本、三本と順番に増やして行き、その末広がりな様を用いて、ビジネスの発展を祈念するものです。

まず、ちょっと小さい声で、一本指。
「よーお、パパパン、パパパン、パパパン、パン」

chiebukuro9-1.jpg

あきらめるのはまだ早い。
出ないペンのインクを復活させる裏技とは......

chiebukuro10-1.jpg


ボールペンのインクがまだ残っているのに、突然インクが出なくなってしまう事ありませんか?

気に入っていたペンなのに...
思い出のペンなのに...
書きやすかったのに...

次の新しいペンを購入して、お金を余分に使ってしまった経験は少なくないかと思います。そんなガッカリ経験を無くす、「出なくなったインクを復活させてもと通りにする」画期的な方法をお伝えいたします!

chiebukuro11-1.jpg

オフィスの定番アイテムである「ハサミ」。

なくてはならないこの文具品にはちょっとした弱点があります。
普通に使用していれば全く問題はないのですが、テープなどの粘着物、または布製品を切った際にはこのハサミ、持ち前の切れ味を発揮できなくなってしまうのです。 写真のように刃には粘着物でベトベトになり、次に切る時は違和感が残ってとても使いづらいものです。 そこで、今回はテープを切った後に残るネバネバをスッキリ取り除く、驚きのウラ技をお伝えいたします!これで切れなくなって、用なしになっていたハサミも大復活です。