facebook twitter

【システム運用と保守の違いとは?】かしこく外注するポイントをご紹介

  • facebook -
  • googleplus -
  • twitter -
  • はてな -

見積・案件相談依頼時のヒント!!

【システム運用と保守の違いとは?】かしこく外注するポイントをご紹介

【システム運用と保守の違いとは?】かしこく外注するポイントをご紹介

システムは業務で欠かせない便利なものですが、実際の業務で使用しているうちに思わぬトラブルが発生することがあります。 例えば管理するデータ量の増加に伴い動きが重くなる、オフィスのネットワーク環境の変化で使用できなくなる等。 オフィスワーカーにとって、システムの支障は業務における致命的な問題です。問題を防ぐために必要なのが、システムに不具合が起きないよう見張りをする「システム運用・保守」です。
一般的にシステム開発と比べ、システム運用保守はどのような作業なのかが可視化されづらいもの。
そこで、今回システム運用と保守の違いと、かしこく外注するために押さえるべきポイントをご紹介し、オフィスで売上管理や顧客管理システムを使う方々のお悩みを解決します。

■システム運用と保守の違い

まず、システム運用と保守は何が違うのでしょうか?

システム運用とは

システム運用とは、システムが正常に動作しているかを確認し、トラブルが起きないよう管理することを指します。 その際、ユーザーがシステムを正しく使えているかもチェックを行います。例えばアクセスするのに時間がかかりユーザーに過度なストレスを与えてしまったり、接続自体ができなくなり大損害を引き起こしてしまったり等によるトラブルを未然に防ぐためにも、24時間管理をすることが必要です。

システム保守とは

一方システム保守とは、システムの一部に修正や変更を加えたり、新たな機能改善を施したりすることを指します。 運用との大きな違いは、システムの変更作業が発生すること。 保守が必要になるシーンは、バグやネットワーク障害などのトラブルが発生して急遽対処したい場合や、データの増加等により 処理スピードが低下した場合等があります。

■システム運用・保守 外注先選びのポイント

大企業では社内に情報システム部があり、社内で対応が完結しますが、社内に専門の方がいない場合は 外部のシステム会社に依頼することが一般的です。
そこで、外部に依頼する際に押さえておきたいシステム会社選びのポイントをご紹介します。

ポイント1)体制

運用保守は24時間管理を行うため、まずは対応できる体制であることがポイントとなります。開発を依頼したシステム会社に そのまま運用保守も依頼するケースが多いですが、体制面に不安がある場合は別の会社に依頼すると良いでしょう。

ポイント2)費用

システム運用・保守にかかるおおよその予算は、年間で初期費用の約15%前後です。フリーランスの方であれば比較的費用を抑えることができますが、運用を進めるうちに業務過多になるケースもあります。まずは、対応できる体制が整っているか、また今後発生しうる問題と依頼範囲を整理し見積もりを取ることで、認識合わせをすることが大切です。


■かしこく外注先を探す方法

システム運用・保守ができる会社をネットで検索すると、システム会社が多数ヒットする一方、 その中から自社にあった会社を選ぶのは至難の技です。
そこで、複数社をまとめてチェックできる発注先探しのサイトを利用すると便利です。

ネクスゲートでは、複数社に対し体制面や依頼範囲、費用をもとに相談し、対応可能な企業の 提案を取得することが可能です。取得した提案と見積もりから相場を把握し、発注先を比較検討してみましょう。
まずは「見積依頼」のボタンからお気軽に依頼したい内容を送信してみてください。
ネクスゲートのサポートデスクからヒアリングした後、適正な発注先探しのサポートを受けることができます。

「システム運用保守とは」に関する依頼時の知恵袋

見積り依頼先をお探しの方・出展をご希望の方会員登録ですぐに見積り依頼が可能です。

会員登録する (無料)
  • 無料で見積依頼&案件相談が可能
  • マージン一切無料
  • 依頼は匿名でOK!!
  • 不明な点は電話でサポート
  • ご相談から発注まで徹底サポート