ナビゲーションをスキップ

システム運用とシステム保守の違い|ビジネスマッチングサイト「ネクスゲート」

 

ビジネスマッチングサイト:ネクスゲートTOP> 見積依頼のヒント> システム運用・保守> システム運用とシステム保守の違い

31051views

見積・案件相談依頼時のヒント!!
システム運用とシステム保守の違い


システム運用とシステム保守

IT化が進んだ現代社会では、業務にシステム(業務システム )を導入している企業は数多く存在します。
平日に業務内で利用するときはもちろん、業務終了後や休日でもシステムは24時間稼働し続けています。
そしてその状態を保つには、システムの「開発」とは別に「運用」と「保守」が必要となります。
今回はシステムの運用・保守と、両者の違いについてご説明します。

■システム運用とは?

システム運用とは、開発されたシステムが正常に動作しているかを確認し、
トラブルが起きないよう管理することを指します。
何事も起きなければ監視を続けるのみでも大丈夫ですが、外部から攻撃的な接続を受けたり、
予想外にアクセスが集中し回線がパンクしたりといった事態が発生した場合、迅速な対応が求められます。
特に、ECショップや携帯ゲームアプリ、キャンペーンサイトなど、
ユーザーの利用時間が偏る傾向にあるものは特に注意してください。
アクセスするのに時間がかかりユーザーに過度なストレスを与えてしまったり、そもそも接続自体ができなくなり
大損害を引き起こすなどの現象が発生しやすいため、トラブルを未然に防ぐためにも24時間管理が必要です。
また、ユーザーがシステムを正しく使えているかどうかも常にチェックしておく必要があります。

■システム保守とは?

システム保守とは、システムの一部に変更を加えたり、新たな機能改善を施すことを指します。
バグなどの障害が発生した場合、その原因を究明し、既存システムの改修や新規プログラムの導入を行います。
システムだけでなく、ネットワークやサーバで問題が発生した場合も、適切な環境を整えるよう対応します。

簡単にまとめると・・・

「システム運用」は、サービスを利用するユーザー側の利便性を上げるために必要なもの。
「システム保守」は、サービス提供する企業側が、より良いサービスを提供し信頼を担保し続けるために必要なもの。

といった感じでしょうか。
システム運用が日々の管理にとどまるのに対し、システム保守ではシステム自体に手を加えての対応が必要です。
その業務の性質上、システム保守にはシステムに関する知識はもちろんのこと、
トラブルを即座に把握するための対応力や改修の際の柔軟なプログラミングスキルなど、
システム開発とはやや異なる技術が必要になります。

企業の成長に合わせ、導入しているシステムも成長させなければいけないということを理解し、
システム開発を外注する際は、運用や保守も依頼することを見据えたうえで外注先を選定しましょう。


初めての方へ

見積り依頼先をお探しの方・出展をご希望の方会員登録ですぐに見積り依頼が可能です。

pagetop