facebook twitter

【システム運用と保守の違いとは?】外注前に知りたいポイント

  • facebook -
  • googleplus -
  • twitter -
  • はてな -

見積・案件相談依頼時のヒント!!

【システム運用と保守の違いとは?】外注前に知りたいポイント

【システム運用と保守の違いとは?】外注前に知りたいポイント

システムは業務で欠かせない便利なものです。
しかし、使用しているうちに思わぬトラブルが発生することもあります。システムトラブルによる業務の支障は、オフィスワーカーにとって致命的な問題です。これを防ぐために必要なのが、システムに不具合が起きないよう見張りをする「システム運用・保守」です。

一般的にシステム開発と比べ、システム運用・保守はどのような作業なのかが可視化されづらいもの。ここでは、システム運用と保守の違いをしっかりと理解し、かしこく外注するためのポイントをご紹介します。

■システム運用と保守の違い

まず、システム運用と保守は何が違うのでしょうか?それぞれの意味とその違いをご説明します。

・システム運用とは

システム運用とは、日々システムが正常に動作しているかを確認し、適切にサービス提供ができているかどうか管理することを指します。その際、ユーザーがシステムを正しく使えているかチェックも行います。例えばアクセスするのに時間がかかり、ユーザーに過度なストレスを与えてしまったり、接続自体ができなくなり、大損害を引き起こしてしまったり等によるトラブルを未然に防ぐためにも、24時間管理をすることが必要です。

・システム保守とは

一方システム保守とは、システムの一部に修正や変更を加えたり、新たな機能改善を施したりすることを指します。運用との大きな違いは、システムの変更作業が発生すること。保守が必要になるシーンは、バグやネットワーク障害などのトラブルが発生して急遽対処したい場合や、データの増加等により処理スピードが低下した場合などがあります。


■システム運用・保守を外注する際の検討ポイント

主に大企業では、社内に情報システム部と呼ばれるシステムの管理部門があります。その場合は社内で運用保守の対応をすることができます。
ですが、社内に専門の方がいない場合は外部のシステム会社に依頼することが一般的です。その場合はもちろん外注費用や工数がかかりますので、相性が良い会社を見つけておくことが重要です。
そこで、外部に依頼する際に押さえておきたいシステム会社選びの検討ポイントをご紹介します。


ポイント1)体制は万全か

システムの運用保守は24時間管理を行う必要があるため、まずは「対応可能な体制が整っていること」がポイントとなります。開発を依頼したシステム会社にそのまま運用保守も依頼するケースが多いですが、体制面に不安がある場合は新たにシステム会社を探しても良いでしょう。

ポイント2)費用は適正か


システム運用・保守にかかるおおよその予算は、年間で初期費用の約15%前後です。
自社のシステムに対し、適正費用がどれくらいかを知ることが大切です。
費用を削りたい場合にはフリーランスの方に依頼することで比較的抑えることができますが、体制面に注意が必要です。運用を進めるうちに業務過多に陥るケースもあります。

まずは、対応できる体制が整っているか、また今後発生しうる問題と依頼範囲を整理し見積もりを取ることで、認識合わせをすることが大切です。


■かしこく外注先を探す方法

システム運用・保守はシステム会社に依頼します。会社によって、対応範囲や仕事の進め方(社内に常駐で行うか、遠隔対応かなど)、契約形態は異なるため、まずは問い合わせの上、比較検討することがおすすめです。
ただ、会社をネットで探すと膨大な数がヒットするため、その中から自社にあった会社を選ぶのは至難の技です。効率よく適した会社を見つけたい場合には、ネクスゲートのような見積もり比較サイトを使って、対応可能な複数の制作会社にまとめて相談することもできます。

見積もりや資料を複数社から取得し、比較検討してみてはいかがでしょうか。

「システム運用保守とは」に関する依頼時の知恵袋

見積り依頼先をお探しの方・出展をご希望の方会員登録ですぐに見積り依頼が可能です。

会員登録する (無料)
  • 無料で見積依頼&案件相談が可能
  • マージン一切無料
  • 依頼は匿名でOK!!
  • 不明な点は電話でサポート
  • ご相談から発注まで徹底サポート